恋活アプリと出会い系サイトの違い

恋活アプリと出会い系サイトの違いは?

「恋活アプリ=出会い系サイト」とイメージしている女性は少なくありません。

・出会い系サイトのように怪しいサービスなのではないか?
・悪質な業者から高額な料金を請求されるのではないか?
・ヤリ目的の男性しかいないのではないか?

こういった悩みを抱えがちですが、2つのサービスは似ているようで異なります。

以下では、恋活アプリと出会い系サイトの違いについてまとめているので一度チェックしておきましょう。

恋活アプリには真剣に恋愛したい男女が集まっている

恋活アプリには真剣に恋愛を考えている男女が集まっており、これが出会い系サイトとの違いです。

もちろん、出会い系サイトでも本気で恋人や結婚相手を探している方はいるので一概には説明できません。

しかし、男性の中には以下のような目的で登録している人がいます。

・彼女ではなく遊べる女性を探している
・セフレとなってくれそうな女性を探している
・一夜限りの関係しか求めていない

一方で恋活アプリは恋人を探す目的で利用するサービスなので、登録している男性の質が高いのです。

女性の目線に立ってみても、出会い系サイトを使っている人はどこか訳アリと言っても良いでしょう。

「恋がしたい」という利用目的が一致しているからこそ、恋活アプリを使えば恋人関係への進行もスムーズになります。

恋活アプリの方が安全性が高い

安全性で比較してみると、出会い系サイトよりも恋活アプリの方が高く、その理由を幾つか挙げてみました。

・SNSサービスのFacebookを使っている
・24時間365日で不適切な内容が使用されないように監視している
・悪質なユーザーを排除しようと努力している
・通報機能がしっかりとしている

もしも悪質なユーザーがいた場合、強制退会させられてアカウントは使用できなくなります。

それに、お互いに「いいね!」を送ってメッセージのやり取りを行うに当たり、身分証明書を写メールで撮影して運営側に送るシステムとなっているのも安心できるポイントの一つです。

出会い系サイトでここまで徹底しているサービスはないので、恋愛が目的の女性は恋活アプリを使ってみてはいかがでしょうか。

数多くのサービスの中でもpairsは在籍している会員数が多く、「Facebookの友達には見つからない」「イニシャル表記で実名は出ない」といった嬉しい点がたくさんあります。

女性の登録は無料で今直ぐにでも相手を探せるので、Facebookでpairsを始めてみてください。



出会い系サイトはサクラがいるリスクが高い

「出会い系サイト=全てのサービスが悪質」とは言い切れません。

しかし、恋活アプリとは違って出会い系サイトはサクラがいるリスクが高いので注意が必要です。

公演主催者や販売店に雇われて一般のお客さんの中に紛れ込み、商品の売れ行きが良い雰囲気を醸し出すのがサクラの役割で、出会い系サイトに関しては女性に成りすましています。

①男性か女性か分からない人間が女性に成りすまして一般会員のように振る舞う
②男性に対して「会いたい」などとアプローチをしてメールでの連絡を続ける
③架空の女性と直ぐに会うことはできず、男性のユーザーはポイントを消費させられる

このような仕組みになっており、一種の詐欺だと言っても過言ではありません。

名も無き出会い系サイトは高確率でサクラを使っていて、雑誌や街の広告で登場しないようなサービスは危険なのです。

その点、恋活アプリではサクラの監視体制も徹底されているため、私たちは安心して恋人を探す活動を続けられます。

利用者数に大きな差がある

恋活アプリと出会い系サイトでは利用者数に大きな差があり、同じように「累計500万人が利用中」と記載されていても意味合いが異なります。

出会い系サイト⇒1990年代と古くからサービスを提供している
恋活アプリ⇒2010年以降と比較的新しいサービス

上記のような違いがありますし、出会い系サイトから恋活アプリや婚活サイトへと移行するユーザーが増えているからこそ、出会い系サイトの利用者数は意外と少ないのです。

その少ない異性の中から恋愛に積極的な人を探して、更に自分の好みに合う人を見つけられる確率は低いことがお分かり頂けるでしょう。

上記でご紹介した恋活アプリのpairsは2012年に開始した新しいサービスなのにも関わらず、既に累計会員数は500万人を突破しています。

1ヶ月当たり3,000名が新規で登録しており、利用者数的にも安全性の観点でも申し分ないので積極的に恋活を始めてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です